☆鶏肉のちょっとためになる歴史の話☆

 

18世紀鶏肉の値段は、一羽が一週間分の給料に匹敵した。アメリカ合衆国では第二次

世界大戦中に牛肉や豚肉が不足したため、鶏肉の消費量が増加した。

栄養学や抗生物質の研究の進歩により大量飼育が可能になり、生産コストが下がったの

は1950年代で、ケンタッキーフライドチキンもほぼ同時期に全米に展開しはじめた。

後に牛肉や豚肉に比べてコレステロールや脂肪分が少なく健康に良いといわれ、鶏肉

人気が上回った。

昔からアメリカとカナダでは、チキンスープを飲むと風邪が治るという言い伝えがある。

近年、チキンスープの栄養には風邪の症状を和らげる作用があるという研究結果が発表

された。

チキンオイスターという部分が鶏足のつけ根にあるといわれ、フランス語ではソリレス(愚

か者だけが捨てる)という名前で呼ばれている。

 

facebook始めました。

上記のバナーをクリックして頂くと

ご覧頂けます。

「稲本食糧品店さん」のおススメ

木津市場、南大通りの稲本食糧品店さんおススメの白ワインです!

詳しくは

稲本食糧品店06-6641-2719