塩麹(しおこうじ)の効能

塩麹PNG.PNG

塩麹に使われる麹(こうじ)には、麹菌が作りだした酵素と呼ばれる物質がたくさん含まれ

ている。酵素は、食材に含まれるデンプンやタンパク質を分解して食材を柔らかくすると

同時に、糖やアミノ酸やグルタミン酸などを作りだし、食材に甘味や旨味(うまみ)をもたら

す。こうした酵素の作用に乳酸菌や酵母の働きで生まれる味も加わって、最終的には多く

の味覚要素が合わさった味となる為、食材を普通に食べた時より多味で深く美味しく感じ

られるようになる。

 

発酵食品である塩麹には、麹の酵素による原料の分解だけでなく、乳酸菌や酵母などの

微生物の働きも加わって、ビタミン(B1、B2、B6、パントテン酸、ビオチン(ビタミンH))

なども豊富に含まれ、単体の塩に比べて、多くの栄養素を含んでいることから、塩麹とし

て出来上がった時点で栄養豊富。これらは脳の代謝を上げる働きや疲労回復効果が得

られると考えられる。

 

塩麹などの発酵食品には、乳酸菌が含まれる場合が多いが、乳酸菌は腸内環境を整え

る『整腸作用』で知られ、食べることで便通が良くなり、それは肌のコンディションをよくし

たり免疫力を上げるなど体質改善効果があるとされる。その為、塩麹は美肌効果や老化

防止効果(アンチエイジング)の得られる健康食とも言われている。

 

facebook始めました。

上記のバナーをクリックして頂くと

ご覧頂けます。

「稲本食糧品店さん」のおススメ

木津市場、南大通りの稲本食糧品店さんおススメの白ワインです!

詳しくは

稲本食糧品店06-6641-2719